書評

書評

書評:『悲嘆の門』 宮部みゆき著

こんにちは、Amyです。   1月も出張移動が多く、隙間時間で5冊ほど読書しています。 ハードカバーで重かったのですが、宮部みゆきさんの『悲嘆の門』を上下巻ともに読み終えました。 悲嘆の門(上) 価格:1,728円(2019/1...
書評

書評:『偽装通貨』 相場英雄著 情弱は損をする?!

こんにちは、Amyです。 ブログご訪問ありがとうございます。 あふれる情報のなかから良質なものをピックアップする能力をみがけば、それだけで経済的にも大きなメリットが得られますね。 今回は国家通貨以外の、通貨同等の存在についてかかれた相場氏の...
書評

怠惰に埋もれた君よ、五感を刺激せよ 浮気もわかる 『パフュームParfumeある殺人犯の罪』 byジュースキン

  こんばんは、タイトルを読んでここへ来てくれた方、歓迎です。   今夜は、20年以上かけて私の人生で何度も関わってしまうある物語についてお話しさせてください。 おととい、期せずしてある映画を見てしまいこのブログを書いています   物語は...
書評

書評:『震える牛』 相場英雄著

  震える牛 (小学館文庫) 価格:771円(2018/11/9 20:00時点)感想(14件) 相場英雄氏はジャーナリスト出身の小説家 『震える牛』の感想 食品偽装の問題     相場英雄氏はジャーナリスト出身の...
書評

書評:『ユニコーン:ジョルジュ・サンドの遺言』 原田マハ著

  wikipediaより引用  原田マハ氏 ユニコーン:『貴婦人と一角獣』   『ユニコーン:ジョルジュ・サンドの遺言』書評 『裸のマハ』       原田マハ氏   原田マハ氏は1962年東京生まれ。森美術館設立の際の準備室で働い...
書評

書評:『サロメ』 原田マハ著 およびサロメのお話

Wikipediaより引用   サロメ 価格:1,512円(2018/11/12 19:38時点)感想(1件)   美術専門家の原田マハ氏 『サロメ』書評 サロメ王女の物語 サロメをめぐる芸術作品 オスカー・ワイル...
書評

書評:『緋色の迷宮』 トマス・H・クック著

  【中古】 緋色の迷宮 / トマス・H. クック / 文藝春秋 【メール便送料無料】【あす楽対応】 価格:299円(2018/11/9 19:52時点)感想(0件)   トマス・H・クックはアメリカの作家 『緋色の迷...
書評

書評:『異邦人』(いりびと) 原田マハ著

      異邦人 価格:1,836円(2018/11/9 19:46時点)感想(0件) 原田マハ氏はアート小説家 異邦人(いりびと)の舞台 『異邦人』の感想 私の美術体験       原田マハ氏はアート小説家  ...
書評

書評:『暗幕のゲルニカ』 原田マハ著

 wikipediaより画像引用   暗幕のゲルニカ 価格:1,728円(2018/11/9 19:39時点)感想(2件) 原田マハ氏は美術キュレーター ピカソの『ゲルニカ』と9.11 『暗幕のゲルニカ』書評 私の...
書評

書評:『楽園のカンヴァス』 原田マハ著

  しばらく書評がつづきます。 楽園のカンヴァス (新潮文庫) 価格:723円(2018/11/9 19:34時点)感想(14件) 原田マハ氏は美術専門家 楽園のカンヴァスの舞台パリ 『楽園のカンヴァス』の感想 私の...
タイトルとURLをコピーしました